スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人的に、名作だと思う漫画①

どうも。
ぽちゃミニこと、こばやし ゆうひです。

つい先日、楽しみにしていた漫画の新刊がでました。
私の中で名作だと思うシリーズ第1弾です。
申し訳ないのですが、ひと時の間、熱く語らせてください

           ガラスの仮面43

性格的に、わたし、どっぷりハマるってことはあんまりないんです。
漫画も読む方ではなかったんです。
しかし、この漫画だけはっつ!!

読んでる人も多いと思います。(きっと)
何十年も前から(だったはず?)やってる漫画で、
途中、作者の美内さんが、病気のため何年も新刊を出すことができず・・・
もう、待ちに待ったという位、新刊が出た時の私の心は
体からお花が出て、飛び交うくらいの勢いでしたよ。

まあ、演劇のお話なんですけどね、
簡単にあらすじを言ってしまえば、
有名な舞台女優でも、なかなか演じることが許されない
【紅天女】という物語の【梅の木の精】という役・【上演権】をめぐってのお話です


でもね、こんな3行ですまされる様な簡単で単純な、漫画ではないんですよ!

私たちが普段、普通に食べているものが自分にとってどんな存在なのか、
考えた事ありますか?

普通に飲んでいる水…
普通に着ている服…
家…
仕事で使っている鉛筆…
パソコン…
紙…


自分にとってどういう存在でいるか考えた事ありますか?
それらによって、自分たちが今生きていけているということ、
生かせてくれていることに、感謝したことはありますか?

私たち人間がこの身を造ったものではないですよね。
爪も、髪も、眼も、血も、臓器も皮膚も…。
私たちは、私たちであって、私たちでもないということ。
私たちは、【この身に宿る者】であるということ。


わたし、今回の新刊をみて、ほんとに、
『はっ』と、自分という存在を再確認させられました。

借りているものは、大事にになくてはと。
そして、この姿を借りて見させていただいてるこの世界、
触れることができる相手のぬくもり、
感謝しきれない位、本当に感謝しなければならないことがいっぱいです。

という事を感じさせてくれる漫画です。

毎日、ありがとう。
このわたしの、ぽっちゃりしたかわいい身体よ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

- : 2009/02/18 (水) 23:02:36

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ通知 :

トラックバック:


要CHECK★
細かくチェックを! 【カイロプラクティック】とは? 【フスフレーゲ】とは?
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。